無題
La corda d'oro

「好きって言葉に、魔法があればいいのにね」

 腕の中から聞こえてきた声に、土浦は額に深い皺を刻んで、口を強く引き結んだ。

「…好きって繰り返して、縛り付けてしまえれば、いい」
 どこか虚ろにも聞こえる声は、細く、そして。小さく、震えていた。

 腕の中に収まる細く頼りない身体。
 抱き潰そうとすれば、いとも簡単にそれが叶いそうな程。

「…ねえ、何とか言ってよ、土浦くん」
「何を、言えばいいんだ」
「慰めてくれるって、言ったじゃない。アイツに泣かされたら、いつでも言えよって…俺が、アイツをぶん殴ってやる、って、そう言ってたじゃない…!」

 ドン、と拳が胸に当たる。
 何度も、何度も。
 声と同じように震える身体と拳を否定したがるように、その動きは止まらない。
 避けることも、咎めることも、土浦はしなかった。
 ただ、ぶつけられる感情を受け止めるかのように、じっと動かずに、緩く、細い身体を囲った腕はそのままに。

 やがて、胸を叩いていた拳は、布地を強く掴んだ。
「……っ…!」
 嗚咽に混じって、微かな、けれども悲鳴のような声が迸った。
「置いて、いかないでよぉ…っ!」

 決して、言わなかっただろう。
 きっと、笑顔で。
 物分かりのいい顔をして。

 ああ。俺には、容易に想像出来る。おまえは、そういうやつだ。

 どんな顔で、あいつはそれを見ていたのだろう。
 分かっていたはずだ、あいつも。
 おまえのそんな強がりくらい。簡単に見抜けて、当然だ。
 だが、それでも――。

「忘れちまえ」

 一瞬、時間が止まったように、嗚咽が止まる。身体が硬直する。
 すぐさま、大きく首が横に動いた。艶やかな髪が、大きく流れる。

「…それが…出来たら…っ!」

 それでも、あいつは。

「おまえより、音楽を選んだんだ」
「いや、言わないで…!」
「おまえといることよりも、ヴァイオリンを」
「言わないでって、言ってるのに…!」

 どん、と突き飛ばすように腕の中から飛び出した彼女の瞳には、憎悪にも似た色。濡れた瞳と頬を拭いもせず、正面に立った。

「みんな、嫌い…!私を置いていってしまうあの人も、そんな事を言う土浦くんも、みんな、大嫌い…!」

 高い声で叫ぶと、踵を返して走り去っていく。
 土浦はそれを引き止めようとはしなかった。

 あいつは離れてもおまえのことを想っている。
 離れたくらいで、壊れるような仲じゃないだろう。
 だから泣くな。

 そう言って、泣いている彼女を、もっと優しく慰めることも出来ただろう。だが土浦は、そうしたくなかった。

 忘れさせたかった。
 別れを決意することで、身が切られるような思いをしたに違いない人物を。
 それでも――どんな痛みに斬りつけられようと、音楽とヴァイオリンの高みへと歩き続けるだろう、一人の男のことを。
 彼女の将来と未来を縛らないために、たった一言の約束すらしていないだろう、生真面目な男のことを。

「たとえ、卑怯だと言われても」

 今はまだ、無理だとしても。

「俺は、良いお友達でいる気は更々ないんだ」

 手に入れてみせる。
 永劫変わらぬように見えた天秤の傾きは、きっと変えられる。変えてみせる。

 月森、悪く思うなよ。

 そう。
 どんな理由があるにせよ、香穂を手放した、おまえが悪い。

以前日記にちょろっと載せていた散文。眩暈書いてる時に息抜きで書いたのですが、脳内がドシリアスになっていたせいか息抜きで書いたのもこんなんでした。(暗!)
【 無題 /end. written by 紗月浬子 】